heikyoのblog

macでとりあえずAndroid開発環境構築

環境開発の大まかな順序は
  1. JDK(Java SE Development Kit)のインストール 
  2. Android SDKのインストール
  3. Eclipseのインストール
  4. ADT Pluginのインストール

JDKのインストール

Mac OS Xの場合は既にJDK6.0が既にインストールされている可能性があるので、ターミナルで次のコマンドを実行。
$ java -version

するとJAVAのバージョンが出てきます。
もし、ここでバージョンが1.5になっていた場合。(1.6になっていた場合、問題ないので無視してください)
spotlightから「Java Preferences」を検索。
開くと次のような画面になる。ここで、ドラッグしてJava SE 6を1番上に持ってくる。
java

















再度ターミナルで
$ java -version
を実行。これで切り替わっているはず。

Android SDKのインストール

http://developer.android.com/sdk/index.htmlでMac OS XのAndroid SDKをダウンロードします。ダウンロードしたファイルを解凍してディレクトリ名をandroid-sdk-macに名前を変更し、Machintosh HD→Developerフォルダの下に配置します。

Eclipseのインストール

http://www.eclipse.org/downloads/で「Eclipse IDE for Java Developers」をダウンロード。圧縮ファイルを解凍したら、Eclipse を起動し、Workspace 設定画面が表示されたら、「OK」をクリック。

 

※Workspace とは、プロジェクトを保存するディレクトリであり、任意の場所に変更しても、そのままでも問題なし。

ADT Pluginのインストール


Eclipseの「Help」メニューの「Install New Software...」を選択。
次のようなページが開かれるので「Add...」を選択。java3


















「Add Site」または、「Add Repository」というダイアログが表示されるので"Name: "の部分は適当、"Location: "の部分に「http://dl-ssl.google.com/android/eclipse/」を入力して「OK」を選択するとダイアログが閉じる。
また「Available SoftWare」のダイアログに戻る。
java4 
 





 








 




 

 そして、「Dveroper Tools」をチェック、「Next」ボタンを押し、「I accept ...」、「Finish」をクリックすると、インストールが開始されます。途中でEclipseを再起動しますかというダイアログがひょうじされるので、「Restart Now」を選択。これでひとまず完了。

 この書籍がだいぶ参考になった。
48443294054048679562
livedoor プロフィール
記事検索
カテゴリ別アーカイブ
  • ライブドアブログ
heikyoのblog